東アジア日本研究者協議会

본문 바로가기

東アジア日本研究者協議会

東アジア日本研究者協議会 East Asian Consortium of Japanese Studies

東アジア日本研究者協議会

  東アジアでは、日本に関する多様な分野における研究が蓄積されてきました。 様々な地域において、幅広い分野にわたり、日本研究者が活動をしています。 一方、北米を中心としたAAS(アジア学会)、欧州を中心としたEAJS(欧州日本学会)は、国境を越えた様々な日本研究関連の学術および人的交流を活発に行ってきました。しかし、東アジアにおける日本研究者の中には、言語などの問題でこれらの学会への出席が困難であった研究者もいます。他方、東アジア地域にはたくさんの日本研究者が活動しているにもかかわらず、これらの学会と比較できるほどの国際的な学術交流があまり行われていません。個人あるいはグループ単位での交流は行われていますが、東アジアの日本研究者が一堂に会して交流しあえる場はまだ作られていません。

 

  その原因としてはまず、歴史的に冷戦という大きな壁がありました。実質的に東アジアにおける人的、そして学術交流が急激に増えたのは1990年代以降だと言えます。しかし、その後も東アジアにおける政治的な対立と軋轢は、日本専門家の自由な交流を制限しました。また、他の観点から見ると、東アジアには自国内に巨大な日本研究者集団がそれぞれ形成されており、国境を越えた研究交流を積極的に行う必要性を妨げました。

しかし、今は東アジアにおいても、国境を越えた日本研究者の学術的な交流がより積極的に行われなければなりません。そのため、数年前から韓国をはじめ、東アジアの日本研究機関を中心に「東アジア日本研究者協議会」(以下協議会)を発足させるため、協議を重ねてきました。

 

  その趣旨として第一に、日本研究の質的な向上が挙げられます。東アジアでは日本研究が行われていますが、例えば韓国の場合、人文学と社会学との間の融合研究は限られており、これは日本研究の発展を阻害しています。既存の学風を維持しつつも、協議会の交流を通じて、学際的研究の基盤を形成しようとしています。第二は、自国中心の日本研究から脱し、より多様な観点からの日本研究を志向するためです。第三は、東アジアの安定と平和に寄与するためです。国益の追求という現実と、相手に対する客観的な理解を調和させ、研究者としてより安定的な東アジアとの関係形成に貢献できると思います。以上のような理由とは別に、東アジアの日本研究者が一緒に集まって真剣に討論しあい、交流をすること、それ自体にも意味があるはずです。協議会は将来東アジア地域を網羅する学会の設立を前提にしたものです。

 

  以上のような趣旨をもって現在、ソウル大学日本研究所は東アジアの日本研究機関とともに、協議会設立に向けて準備を進めています。協議会が構成されれば、毎年、東アジアの主要都市をまわりながら、年1回の国際学術会議を開催しようと考えています。協議会の発足に向けて関連機関は今年、仁川で「東アジア日本研究者協議会・第1回国際学術会議」(以下、第1回国際会議)の開催を準備しています。そして、今回の第1回国際会議はソウル大学日本研究所が執行を担当することになりました。協議会が順調に運営されるようになれば、毎年、他の学会や研究機関が順次執行を担当することになります。

 

  協議会は東アジアの多様な分野における日本専門家が、知識を共有できる貴重な場となるはずです。第1回国際会議の開催を成功させるためには、日本研究関連の学会と関連機関の積極的な参加と協力が必要です。第1回国際会議の内容は、今後具体的な協議を通じて決定されますが、大会準備のために次のような企画案を用意しましたので、積極的なご協力をお願い申し上げます。


Copyright © ijs.snu.ac.kr All rights reserved.
151-742 ソウル特別市 冠岳区 冠岳路1 ソウル大学国際大学院 140洞 403号 日本研究所
Tel +82-2-880-8503 / FAXl +82-2-874-3689 / E-mail eacjs@snu.ac.kr TOP